スタンダード仕様

501: 小容量吐出

コンパクトな本体に当社基本スペックを織り込んだ小型スタンダード構成です。

601: 中容量吐出

低粘度から高粘度まで幅広い対応を可能にした中型スタンダード構成です。

701: 大容量吐出

タンク容量最大200L、吐出量も最大100㏄/秒まで可能な大容量吐出向けの構成です。

701S: 無洗浄・溶剤不要

ディスポーザブル(使い捨て)ミキサーの採用により使用後の洗浄作業を不要とした環境対応型です。

601HV: HV洗浄

使用後、ミキサー部を片側の材料で置換する置換洗浄と溶剤洗浄を備えたHV=ハイブリッド洗浄型です。

701HB: 高粘度対応

タンクへの移し替えが困難なペール缶やドラム缶から直接液送を可能とした高粘度材料対応型です。

自動化設備対応仕様

701R: ロボット搭載

3軸X-Y-Zロボット搭載によりワークに合わせた吐出モーションを任意に設定可能です。

601V: 真空注入

含浸用途用に減圧した専用真空チャンバー内で吐出を行う仕様です。

EX701R: 自動硬化炉付

ワーク条件に合わせ、搬送系に予熱/硬化炉を加えシステム化した仕様です。

各種専用仕様

RT-CF01:炭素繊維複合材成型用RTM注入機

CFRPの成型方である樹脂含浸成型に使用されるRTM注入機です。 タンク容量最大300L、吐出量は5㏄~200㏄/秒まで対応可能なラインナップを有します。

701LS:大容量二液混合RIME成型吐出機

タンク容量最大200L、吐出量も最大100㏄/秒まで可能な大容量吐出向けの構成です。

中空糸膜フィルター封止

中空糸膜フィルターの端面封止を硬化搬送炉と連動させた設備です。

電解液真空注入装置

リチウム電池の電解液を真空チャンバー内で専用ケースに定量吐出する設備です。

高温・高圧対応

ジャケットタンクによるオイルチラー恒温方式を採用し、VaRTM工法やCFRPの製造に使用可能です。